【長文ですが・・・】パクチーブームと文化定着

今回はちょっと真面目なブログです。

昨年末、ぐるなび総研さんでの今年の一皿に『パクチー料理』が選ばれたのは記憶に新しいかもしれません。

昨今、『パクチーブーム』とも呼ばれ、各メーカー様の色々なパクチー加工品がスーパーマーケットに並び、生のパクチーも入手しやすくなっています(まだちょっと高価ですが・・・)。

この『パクチーブーム』はパクチーが日本に定着するにあたって、とてもありがたい流れです。

いままでは存在すら知らなかった方も少なくなかった「パクチー」ですが、8~9年ほど前に東京で“パクチーハウス東京”という世界初のパクチー料理専門店がオープンし、大阪では3年前にパクチー料理専門店『GoGoパクチー』がオープンしました。

ココ、重要な点です・・・GoGoパクチーもそうですが、パクチーハウス東京さんも『パクチーブーム』を起こそうと思ってはいなかった。ということ。

パクチーがもっと身近な野菜になって、きちんと日本文化に定着して欲しい。そして、パクチーという存在自体が、なんだか愛らしくて楽しい。そんな単純なことでパクチー料理専門店を始めたのです。

GoGoパクチーでは『パクチーを常備菜にっ!』というテーマで活動しています。

最近では活動が多岐にわたるので自身の整理のためにもブログで各々の活動説明をさせていただきます。

①飲食店としてのGoGoパクチー

パクチー餃子

まず1番の基盤と・要となる飲食店としてのGoGoパクチーです。

日々の店舗営業においては、自分自身のルーツを基に台湾料理をベースとしたパクチーのおいしい食べ方の提案を行いつづけています。

母が台湾籍(今は帰化してます)・父は日本籍で、昔から家庭の食卓には中華料理が並んでいました。

その料理の中で香菜(パクチー)が幼少期において、極めて特徴的な存在だったのをいまでも記憶しています。

中華粥やピータン豆腐・手作りの水餃子・貢丸スープ(肉団子スープ)・魚の甘酢あんかけなど、事あるごとにちょくちょく登場しては、存在感を異様に放っていた香菜(パクチー)。

小学生の頃は両親や台湾の親族がおいしそうに食べるのを遠目で見ていましたが・・・

中学生のころ、水餃子と貢丸スープ(肉団子スープ)を一人で作って食べていた時、何やら物足りなさが・・・・・ふと、冷凍庫に入っていた香菜(パクチー)を思い出し、おそるそる入れてみると・・・料理が『完成』したと鮮烈に感じました。

その時初めて香菜(パクチー)の存在意味が分かりました。

他にはない香りだからこそ、香菜(パクチー)にしか出来ない味のまとめ方があるのだと。。。

パクチー好きな方に喜んでもらうことはもちろんですが、その時の感覚を、苦手と思っている人やパクチー初体験の方に感じてもらいたく、飲食店としてのGoGoパクチーは存在しているのです。

※本来であれば「GoGo香菜」という店舗名が筋に沿うのですが、日本においては「パクチー」という呼称のほうがキャッチーで耳なじみも良く、GoGoパクチーという店舗名になりました。

②パクチー料理教室・パクチートークショー

最近では飲食店を飛び出して、様々な地で活動しています。

パクチーが日本文化にきちんと定着するために「家庭でできる和食とパクチーの融合」という料理教室を開催して、「パクチー出汁」で作る味噌汁・土瓶蒸し・明石焼きや、「パクチー味噌」の作り方をお伝えさせていただいています。

そして、パクチートークショーという場でパクチーの使い方・捉え方を言葉で伝えたり。

ラジオでパクチーについて語りまくったり。

多種多様な方とパクチーについて語り合ったり(1番直近のイベント記載しておきます)

7月25日(火)パクチー友の会 @ロフトプラスワン大阪 open 18:30 start 19:30

③パクチー風呂・銭湯

パクチー湯が朝日新聞に掲載朝日新聞に掲載されたパクチー湯

最近、一番動きが多いのが“パクチー風呂・銭湯”。

なぜ飲食店が??と思うかもしれませんが、

「薬草風呂は飲めと言われても飲めないが、お風呂だと身体に良さそうだから浸かれる」という人は少なくないと思います。

パクチーもそうなんです。

「パクチー食べれないけど薬草風呂の1つとしてのパクチー風呂であれば、身体に良さそうだし浸かれる」

そして、パクチーをもっと身近に感じてもらいパクチーが苦手だと思っている方の苦手意識を少しでも取り去れればと思って精力的に進めている企画です。

大阪・東京の色々な銭湯さんと共に、約1年開催してきて苦手な方でも『風呂ならいける!』そんな声が多く聞こえてきます。

今年の8月9日周辺日程でも開催します!!

詳細は追々アップしていきますね🍀

④パクチーマン・パクチー仮面としての活動

テレビでもイベントでもホームページやSNSでも頻繁に登場する緑の辮髪・緑のラーメン〇ン。

これは・・・半分趣味です。

元々事あるごとに全身塗りたくってイベントに出たり、写真をとったりしていたのは15年ほど前から続けてます。

子供受けも悪くなく(意外と泣かれないんです)、大人も喜んでもらえて写真映えし、単純で誰も傷つかない(たまに色づきますが)笑いを起こせるので、楽しんでやってます。

面白半分にパクチーの宣伝になればなーと思ってやってます。

是非何かのイベントの際に必要あらばお声がけください☆

直近では

7/12(水)18:30〜島根県松江市の阿雅紗にて島根県大根島産のパクチーをふんだんに使用した飲み放題付き“パクチーナイト”開催します☆

そしてそして、7月15日(日)17:30~神戸の南京町にあるSALAというお店の1周年でパクチー仮面がうかがいます☆

まとめ

GoGoパクチーの多岐にわたる活動の中心は「パクチーを常備菜にする」。

この1点に集中してるのです。

そして・・・そのための重要な飲食店としてのGoGoパクチーが挑む次の企画は・・・

「パクチー克服コース」(1人前2800)※2名様からのご注文

パクチーの苦手意識を取り除くために培ったパクチーの知識をフル活用して提案する“苦手克服”をテーマにしたコース料理です。

パクチー好きな方も食べ放題のパクチーをどんどん追加しながら楽しめるので、一緒に行く相手がいない!という悩み解消のためにも、是非ともご活用ください☆

詳細は近日中に公開いたしますのでお楽しみに・・・。